10月ワークショップ☆人工イクラ観察♪

報告が大変遅くなりましたが、10/31(土)は初の実験観察ワークショップでした。

来て頂いたみなさん、ありがとうございました。(*^_^*)

この時も凝りもせずハロウィン仮装で来てもらいました。

教室生さんでなく、一般参加の方たちもノリノリで仮装してきてくれて

何度も言いますが先生は嬉しいよ~。

おうちの方もご協力ありがとうございました。


持ち運べる水「Ooho!」 もきれいにできました!

人工いくらに使用した、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウム。

今回は食品グレードを使用しました。口に入れても安全です。

瞬時に球状になる不思議を観察し、さわった感触を楽しんだあと、

やりたい子は「味見」にもチャレンジ。

ちなみに、コーラ、オレンジジュース、カルピス、食紅(赤、青、緑、黄色)、いちごみるくジュースなど…もういろんな味のイクラがうじゃうじゃできましたが(笑)

総じてあんまりおいしくはないようです。(かなり薄味になりました(^^ゞ)

口には入れられませんが、絵の具などで着色するともっと色鮮やかな「イクラビーズ」になり

見た目にも楽しめたかもしれませんが、それはまた別の機会に。

色を混ぜ合わせたらどうなるか、どうやったら大きな粒のいくらになるか、など

私がはたらきかけずとも、問題意識を持ってさまざまなイクラ作りをしていた子も。

頼もしい姿でした。

ところが、初の試みで段取りも整えシミュレーションして準備していったにもかかわらず

終始どたばたしてしまい(私が)

あらかじめお断りはしてあったもののやはり作文やレポートを書くまでには至らず

ご期待に沿える内容にならなかったことが反省です。

自宅でレポート用プリントに取り組んでくれているご家庭もあるようです。

ありがとうございます。

もっと工夫して、体験&体感→作文となるようなワークショップを考えていきたいと思っています。春休みには実施できますように。

また、中日文化センターさんの作文教室でも来月、簡易版(観察のみ)で行う予定です。

この記事はテストも兼ねています。アメブロの記事と重複しています。

読書作文教室 ことばの窓

読書、作文を通じて自分らしく、ゆたかに生きる心と力をはぐくむ教室