ロアルド・ダール

これは次女が小学校のブッククラブで作って持ち帰ってきたきたもの。
他の子のおすすめ本紹介作品も展示されていたらしいのに、先日の参観日、クラブ展示を見に行くのを失念していました。見たかったな〜。

彼女はいつからかロアルド・ダールにはまっていて、小4のときには『マチルダは小さな大天才』で読書感想文も書いていました。
有名な『チョコレート工場のひみつ』よりもマチルダが好きなようです。
私も賢くてカッコいいマチルダをいつか読書の灯で取り上げたいと思っています。

また娘に勧められて以前『アッホ夫婦』を読んだのですが、何ともブラックな爽快感というか、へえ〜これを面白く読むのかあ、という我が子の再発見に繋がった本でした。柳瀬尚紀さんの訳が面白くて好きだそうです。

他に、灰島かりさんが訳されたロアルド・ダール本も読み、翻訳家が違うと雰囲気がこんなふうに変わるんだという発見があったり、翻訳家さん繋がりで新しい本にチャレンジしたりと、
(確か、『靴を売るシンデレラ』だったかな。)
読書の幅が広がるきっかけを作ってくれたのが、ロアルド・ダールでした。

読書作文教室 ことばの窓

読書、作文を通じて自分らしく、ゆたかに生きる心と力をはぐくむ教室