【教室生】2017.3【みんなで】ちいさいおうち

3月、教室生もプレ読書の灯として、教室生全員、『ちいさいおうち』を読むことにします。
持ってる〜! 読んだ〜! なんて声もいくつか上がりましたが、何度読んでも発見がある本です。
今回は以下のポイントで読み進めてね。そのうち一つは自分の担当として、発表してもらうね。
  • 【全員】この絵本の表紙や題名から受ける印象をことばにしてみよう。
  • 【お気に入り係】気に入った場面はどこ?  すてきだと思う表現、文はどれ? 
  • 【なぜなぜ係】なぜ? どうして? とぎもんに思うところをさがしてね。さらに、それはこういうことなんじゃないかな? と自分なりに予想してね。
  • 【もしなら係】もしあなたが、ちいさいおうちだったら、どう思うかな? 何を言うかな? 主人公のちいさいおうち以外の、登場人物や登場するものの気持ちも想像しよう。
  • 【つながり係】自分や身のまわりのことと、にていると思うところ、にたできごとを思い出して、2つ以上教えてね。
  • 【つづき係】このお話の続きがあるとしたら? 予想してみよう。その理由も言えそうなら教えてね。

毎週教室に持っていくから、空き時間に、順番に読んでくださいね。

完ぺきに、これらを全部やろうということではありません。しかも今回は1ヶ月(4回)しかないので、しっかり読めない人もいるかもしれないね。ようすを見てむずかしそうであれば、4月にもう一度、担当の係をかえて、行うことにします。(これからはもっと早く発表しますね。)


写真左下)春風のようないい香りのするプレゼントをいただきました。大切に大切に使います。女子力と無縁の私ですが、ときめいてしまいました。ありがとうございます。


写真右下)先日法事で出かけた和食のお店で出された割り箸。食事が出てくるのを待っている間に箸袋を折り紙すると、富士山の箸置きになりました。いつも捨ててしまう箸袋だけれど、持ち帰って飾っています。こういうアイディア、好きだな。心と暮らしのスキマにぴたっと合わせてくれる感じ。


読書作文教室 ことばの窓

読書、作文を通じて自分らしく、ゆたかに生きる心と力をはぐくむ教室