1月読書の灯 ありがとうございました

昨日は2018年最初の読書の灯でした。
インフルエンザなど体調不良でお休みされた子も出ました。皆さん寒い中、お忙しいなかの参加ありがとうございます。

今回、私の不手際もあり、ワークシート送付遅れなどのご迷惑をおかけしてしまいました。
また、進行の不手際もあって、高学年桜クラスは特に私の一方通行になりがちで
十分に生徒さん一人ひとりの声を聞き出せなかったことが心残りです。

『坊っちゃん』は、古い言葉もあり
人によっては読みづらかったかもしれません。が、坊っちゃんの人柄や考え方、坊っちゃんを取り巻く登場人物の行動は、普遍的に現代に通じるものも多いです。(昨日はそこまで話を深められなかったけれど)

私は1つの観点として、坊っちゃんの正直さ、真っ直ぐさに着目して話をしましたが
結末まで読んで、スカッとした人もいれば、モヤっとした人もいるかもしれませんね。

他にも清と坊っちゃんの関係、赤シャツと野だいこのその後、マドンナとうらなりくんの描かれていない部分も含めて、いろんな想像も楽しめるお話だと思います。
小学生でまず夏目漱石にチャレンジできた!というところに誇りを持って、次に繋げていってほしいです。

昨日の参加メンバーが中学2、3年くらいになったときに、坊っちゃん第二弾をやったら、また違った話もできるような。
小学生のときにピンとこなかったことが、中学生になって「ああ、こういうことか」とわかるようになることもあります。名作にはその力がある。

今年度は、中学生向けの読書の灯、季クラスは私のスケジュールや労力の調整ができず実行できませんでしたが
来年度は都合をつけてやりたいな。
参加者集まるかわかりませんが(・・;)

今年度一年、試行錯誤の取り組みではありましたが、やってみてよかったという思いの方が大きいです。
反省をしっかり行い、いかして来年度も読書の灯を続けていきたいです。

4月以降の予定、課題図書については今計画を立てていますので、もうしばらくお待ちください。
実施頻度、参加費の変更があるかもしれません。

3/25(日)読書の灯あります!
梅クラス500円
桃、桜クラス1000円

この日は課題図書はないので、気楽に参加いただけます。
新学年の枠で参加してみたい、というのも歓迎です。クラスの相談含めてお気軽にお問い合わせ下さい。



読書作文教室 ことばの窓

読書、作文を通じて自分らしく、ゆたかに生きる心と力をはぐくむ教室