伝えた「つもり」

力不足で落ち込んだ…というようなことを先日ついぼやいてしまったけれど。


暑苦しいくらい熱く、準備も万端でやっているつもりだった。

でも「つもり」では伝わったことにならない。そうやっていつも生徒さんに言っている立場なのに


自分の教室中心で、素直でかわいい生徒さんたちに教えているだけでは

ひとりよがり、自己満足になり


自分の教室以外の開かれた場で大勢に教える際、私の言いたいことや、人によっては情熱までもが、伝わっていなかったことが判明。


それはつまり、自分の教室で見えていないこともあるということだ。

素直でかわいい生徒さんたちだからこそ、私に言いにくいことや、違和感を伝えられずにいることもあるかもしれない。

自分の伝え方を振り返ろう。近くから、遠くから。
学びの場でも。日頃のコミュニケーションでも。
一歩離れて外側から見つめる目、もう一人の自分を、引っ張って連れて来なければならない。

いちばん左、「こじませんせい」だって。こんなにかわいくかいてくれた水曜日クラスの一年生さん。毎回必ず新しい本を持ってきて、上手に紹介してくれます。


読書作文教室 ことばの窓

読書、作文を通じて自分らしく、ゆたかに生きる心と力をはぐくむ教室